パンデミック相場の今後は...? 豪ドルから見る相場解説

豪ドル予測:コロナウイルス・パンデミックの中で新たな米中貿易戦争の緊張に関する豪ドル/米ドル&豪ドル/円

豪ドルは、ここ数週間で特別多く使われた通貨で、米ドルや日本円など、特に3月の安値以降の反リスク通貨に対して行使されました。これは、主要中央銀行や政府による比類のない流動性と財政刺激策、ウイルス楽観主義の流入を裏打ちした市場心理の改善を反映しました。最近の豪ドルの上振れも、通貨のボラティリティの逆行に対応しています。コロナウイルスの景気後退を考えると、リスクの高い豪ドルを大きく脅かす可能性がありますが、最近の豪ドル/米ドルと豪ドル/円の前進は高くなるか、豪ドルはより大きな逆転するか非常に興味深い相場になりました。


豪ドル価格見通しはボラティリティが薄い!コロナウイルス不況はリスク回避を再燃させる恐れあり!



豪ドルはより大きな反転に対して脆弱であり、ボラティリティのリターンに続く可能性があります。AUD価格行動のこの弱気のシナリオには、多くのトレーダーが苦しめられ、徐々に悲惨になる経済データを皆目視出来ないような状況が続きました。

しかし、FXのボラティリティが再び上昇すれば、豪ドルは最近の上昇を続ける可能性があります。これは、今のところ可能性は低いと思われるが、米中貿易戦争の緊張が和らげば、長期的には徐々に高くなっていくでしょう。なぜなら、オーストラリアのGDPは、世界第2位の経済大国である中国と密接に結びついているからです。しかし反対に、米中貿易戦争の緊張の高まりは、豪ドルを下げる圧力をかける可能性があります。

豪ドル/米ドル価格チャート:週足 (2017年10月~2020年4月)


豪ドル 日足チャート

豪ドルは、豪ドル/米ドル価格行動が巨大な抵抗領域に集まり、極めて重要な変曲点に直面しています。豪ドル/米ドルの反動を低く送り返す恐れのあるこの技術的障壁は、2018年1月から2020年3月の取引範囲の20週移動平均と38.2%のフィボナッチリトレースメントレベルの合流点によって強調されています。

豪ドル/米ドル価格チャート:日足(2019年12月~2020年4月)

日足のAUD / USDチャートを拡大すると、豪ドルはすでに0.6500価格レベル付近に対する弱気の反応で下がり始めていることがわかります。テクニカルサポートは、61.8%のフィボナッチリトレースメントによる、これまでの取引レンジの下で、豪ドル/米ドルに浮力の程度を提供する可能性があります。しかし、スポットAUD / USD価格行動が最近の一連の高い安値によって指摘された短期的な強気の傾向を無効にすれば、豪ドルの売り圧力は加速する可能性があります。



豪ドル/円価格チャート:日足(2019年12月~2020年4月)

日足のAUD / JPYチャートでは、豪ドルが70.000ラインで反発した後に圧力を受ける可能性があることを明らかにしています。しかし、トレーダーのリスク選好が上昇したままで、ボラティリティ圧縮が通貨キャリートレードを強化するならば、AUD / JPYはおそらく74.000の価格マークに向かって、より高く行進し続けるかもしれません。


掲載された情報に基づいてなされた判断により発生したいかなる損失・損害については一切責任を負いません。

ご自身で投資のご判断を行いますようお願いいたします。


アンケート機能

ホームページに今週のドル円(USD/JPY)の為替予想アンケートを掲載しております。 是非チェックしてみてください!

ツイッターのフォローもよろしくお願い致します。

Twitter ID : @CloudMT4EA

GogoJungle の有名システムトレードやインジケーターを紹介!

どれも非常に便利で有益な物ばかり!!





FX街道

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • Twitter Clean

 

© FX-Kaido All Rights Reserved.